HOME > 企業家インタビュー > 第四回 株式会社ジェイ・ソル 代表取締役 藤田 ひろみ(3/3P)

第四回 株式会社ジェイ・ソル 代表取締役 藤田 ひろみ(3/3P)

女性が仕事を続ける上で直面する壁

「起業に至る大きな転機は何ですか?」
「起業に至る大きな転機は何ですか?」

松下 藤田さんは、株式会社もしもしホットラインで専務執行役員まで務められたわけですが、就任翌年には退職し、株式会社ジェイ・ソルを設立。そこに至るには、大きな転機があったのでは?

藤田 創業から携わり22年間務めた会社を退職することを決意したのは、今まで家事をしながら家を守ってきてくれた母が認知症になったことが大きな理由です。会社の役員とはいえ、外せない仕事で時間に拘束されてしまうことは多々あります。出張や仕事中に母の具合が悪くなっても、すぐに飛んで行けないことへの精神的負担は重かったですね。そこで、会社やクライアントに迷惑をかけず、自分の中で出来る範囲で仕事をしようと思い、起業に至ったのです。

松下 藤田さんが設立された株式会社ジェイ・ソルですが、社名の由来はどこからきているのですか?

藤田 人材を企業の宝とするコールセンターの経験がありましたので、その精神を引き継いだ社名を考えていました。初めは「人財ソリューションズ」にしようと思ったのですが、調べたところ、登録商標にひっかかってしまって...(苦笑)。そこから、電話口で言いやすい社名というのを考慮して「ジェイ・ソル」とつけました。

松下 「日本の太陽」と解読したのですが、そうではなかったんですね(笑)。では、株式会社ジェイ・ソルの将来展望は?

「自分が仕事をしたいという意志を捨ててはダメ」
「自分が仕事をしたいという意志を捨ててはダメ」

藤田 私は、この会社を大きくすることにはさほど興味がありません。クライアントとそのお客様が求めるサービスの価値や企業価値を高めるお手伝いをしていきたいですね。これからもCRMにかかわっていき、自分の経験を生かしていければと願っています。

松下 最後に、日本の働く女性にエールをお願いいたします。

藤田 女性は男性と違い、一途に働くために人生の中で負わなければならないものを持っています。結婚や出産を通じて、以前通りに仕事を続けていくことに対して、まだまだ不安が多い。子供を預けられる、産休が使えるという単純な話ではなく、本当の不安は復帰後に自分が錆びていないか、社会のスピードに取り残されていないかということなんです。

また、結婚・出産の一方で、介護の問題も存在します。日本では、「介護は奥さんがすべき」という意識がまだまだあると思います。いくら仕事に対する信念があっても、物理的な苦労と精神的な苦労を同時に負ってしまい、仕事を辞めることも考えてしまう気持ちはよくわかります。

しかし、そこで自分が仕事をしたいという意志を捨てては、今まで頑張ってきたことの意味がなくなってしまいます。なんとか解決しようとすれば、必ず協力してくれる人が現れます。意志と信念があれば、壁は乗り越えられる。自分が人生の環境を作りあげていく思いで、仕事を続けてほしいです。

松下 なるほど、藤田さんの言葉で「仕事を続けるか、否か」を悩んでいる女性も勇気づけられたのではないでしょうか。本日は貴重なお話をいただき、ありがとうございました。